不動産投資コラム

不動産投資で利回りを上げるための3つのポイント

「不動産投資の知識をつけて確実に成功したい!」
「利回りを上げるための方法が分からない」

これから不動産投資を始めようと悩んでいる方は、まず知識をつけたいと考えている方も多いと思います。

そこでこの記事は、そのようにお考えの方に向けて、利回りを上げるための3つのポイントを解説していきます。

最初の段階で知っておくことで、物件を選ぶ際にも役立つことがあるので、ぜひご一読ください。

リフォームやリノベーションをする

シーンによってリフォームやリノベーションを上手く行うことで、より多くの入居者を確保することができます。

リフォームは小規模修繕

リフォームは、経年劣化して古くなったキッチンや壁紙、トイレや浴槽などを交換し、より利便性を高めるために行います。多少費用がかかるものの入居者の確保がしやすくなる利点があります。

リノベーションは大規模修繕

リフォームはより良くするという考え方に対して、リノベーションは、最新機能や間取りの革新させるような大掛かりな工事を行うことを意味します。

性能を新築同様、もしくはそれ以上に価値を高めることができるので、より多くの入居者を確保しやすいだけでなく、物件に見合った家賃設定ができます。

アパートの管理費を削減する

不動産会社を変更する

物件の購入をした不動産会社がそのままアパートの管理を受け持つのが一般的です。オーナーは、これらの管理委託費として家賃収入の5~10%を支払うようになっています。

しかし、この割合はあくまで相場であり上限が明確に定められているわけではありません。

この管理委託費が低い不動産会社に変更することで、これまで家賃収入の10%を払っていた委託費を半分の5%に抑えることも可能なので、管理会社を乗り換えてみるのもおすすめです。

電球を蛍光灯からLEDに変更

LEDは蛍光灯に比べて、導入時の価格は高くなります。しかし、電気代を考えると大幅な電気代の節約になることがわかっています。
これは利回りを高める上でも重要な投資となるため、先々のことを考えて変更したほうがよいでしょう。

物件以外のことで副収入を得る

利回りを上げるためには、物件以外のことにも目を向けましょう。手間をかけない方法で副収入を得ることも可能です。

ソーラーパネルの設置

部屋数の少ない小規模のアパートであれば、あまり気になりませんが、規模の大きい賃貸マンションとなれば電気代の負担は無視できません。

そこでおすすめなのがソーラーパネルを設置するという方法です。
ソーラーパネルを利用すれば、電気代を大幅にカットできるだけでなく、余った電気は売電という形で電力会社に販売することもできます。

自動販売機を設置

故障時に費用がかかることもありますが、自動販売機にかかる月々の費用は、1台あたり3,000~4,000円の電気代のみです。業者によって取り分が異なりますが、基本的に20〜30%となることが多いため、収入が電気代を下回ることがなければ、赤字になりません。

近くにコンビニやスーパーがない場合やマンションのように戸数が多い物件は自動販売機の設置を推奨します。

まとめ

今回は、利回りを上げる以下3つのポイントについて、解説しました。

リフォームやリノベーションをする
アパートの管理費を削減する
物件以外のことで副収入を得る

どれも現実的で実践しやすい内容となっているので、これから不動産投資を初められる方は、ぜひ覚えて起きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。