転職コラム

20代の転職成功率を上げるための大事なポイント

こんにちは。

いつも、ビジネスキャリアアップ副業ニュースを

ご覧になり、ありがとうございます。

 

ところで20代の方で転職しようとしている人は

たくさんいることでしょう。

 

特に新卒から数年働いてみて初めて、

転職を考え始めている20代の方からすると、

仕事を変えることや会社を辞めることは、

決して簡単ではないはずです。

 

このまま今の仕事を続けるか、

転職して環境を変えるか迷うでしょう。

 

そこで今回は、

20代のうちに転職しようと考えている人が、

転職の成功率を上げる大事なポイントをご紹介します。

 

前回のコラムの第二新卒エージェントneoの特徴も、

とても反響のあったコラムですので、

合わせてご覧お楽しみください。

<転職活動は今の仕事をやりながらスケジュールを組む>

20代で転職を考えている人には、

初めての転職という方も少なくありません。

 

その中には転職は今の仕事を辞めてから始める

という先入観をもっている人もいます。

 

しかし、転職の全体像が分からず

退職するのは危険です。

 

転職活動は、平均で約3ヵ月は必要とされています。

 

そのため、3ヵ月間の収入源が必要になりますので、

転職活動は在職のまま進めるのが鉄則です。

<転職の理由や将来のプランを伝えられるようにする>

応募書類や面接では、

今の仕事を辞めようとしている理由や、

自分に足りない部分や反省点を客観的に伝えましょう。

 

その上で将来どのようなキャリアを歩みたいのか、

それに向けてどう努力するかを明確に伝えます。

この過程で、

やる気をアピールするのと同時に

自分自身を客観的に見れる印象を与えられれば、

選考にプラスに働く可能性が高まるでしょう。

<20代のサポートに強みがある転職エージェントを利用する>

20代で初めて転職活動をする人は、

自力で内定を獲得するのは

なかなか簡単にはいきません。

 

ひと昔前と比較すると人材の動きが高まり、

キャリアアップなどの前向きな理由で

転職を検討する人も増加の傾向にあります。

 

特に20代のうちに異業種への職業を変える

積極的な転職に挑戦する人が数多くなっており、

転職市場は活発な状況になっています。

 

こうした状況下では、

人気のある企業や条件が良い求人に

応募者が多いのはごく自然なことです。

 

そこで、その企業は求人を一般公開せず、

転職エージェントの非公開求人などで

人材募集を進めるなど工夫をしています。

 

つまり、多くの人が応募したいと考える好条件の求人ほど、

あまり表に出てこないという事情があるのです。

 

非公開求人を紹介してもらうには、

転職エージェントに登録し、

事前にキャリアアドバイザーとの

面談をしておく必要があります。

 

20代の人が転職の成功率を高めたいと

本気で考えているのであれば、

転職エージェントへの登録をおすすめします。

 

転職を考えている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。