資産形成&老後対策

20代の共働き夫婦の貯蓄額は!?資産運用のコツ

共働き夫婦の場合、

どちらかが働く場合より収入が多くなるので、

貯蓄できる金額も多くなるのが普通ですよね。

 

しかし共働きで収入も一定額はあるはずなのに、

貯蓄が全然増えない人達がいるのも事実です。

 

貯金額は多ければ多いほうが安心だと思います。

 

そこで今回は、

上手に貯蓄するコツなど

資産運用についてご紹介します。

 

前回のコラムの生命保険の究極の見直しの特徴も、

とても反響のあったコラムですので、

合わせてご覧、お楽しみください。

<共働き夫婦では平均どのくらいの貯蓄額がある?>

共働き夫婦でどのくらい貯蓄があるか現状を確認して、

これから目標にすべき貯蓄額を設定しましょう。

 

総務省統計局によると、

共働き家庭の平均貯蓄額は29歳までで約354万円、

30~39歳までで約730万円だそうです。

 

これは現金だけの貯蓄ではなく、

有価証券や生命保険も入れた金額なので

あくまで目標金額の参考としておきましょう。

<夫婦で無理なく可能な貯蓄の金額を設定しよう>

夫婦に合った貯蓄の金額はいくらなのでしょうか?

自分たちが今後どういう生活をしたいかで

必要になる金額は変わるので、

将来の人生設計を夫婦で考えてみましょう。

 

将来使う金額がだいたい想定できたら、

貯蓄しておきたい金額もわかると思います。

<貯蓄がうまくするための方法とは>

今後いくら必要かを知るために、

まず始めに人生設計を立ててみてください。

 

子どもや住居のこと、

定年した後の生活のことを視野に入れて、

どれくらいお金がかかるかを調べてみましょう。

 

老後に必要なお金についても同じです。

老後のお金は年金以外に夫婦で

2000万円必要というニュースは話題となりました。

 

誰もがその金額が必要とはいえませんが、

老後に2000万円必要になるというのは、

公的年金でもらえる金額から考えても、

ごく現実的なものです。

<収入と支出を調べてわかりやすくしておこう>

将来必要な金額がある程度明確になったら、

毎月どの程度貯蓄できるかを調べてみます。

 

それためにまず収入と支出の現状を把握してください。

 

個々の収入は給与明細などで確認しましょう。

 

支出について具体的に分からない場合は、

試しに1カ月家計簿を付けてみてください。

 

そうすると、無駄遣いをしている部分が見えるかもしれません。

無駄遣いしている部分が把握できれば、

夫婦で話し合い無駄な部分を節約する努力をしましょう。

<使う貯蓄ととっておく貯蓄の2つに分別してみる>

収入と支出を把握して貯蓄が可能な金額が分かれば、

それを使う貯蓄ととっておく貯蓄の2つに分けます。

 

今後いくら貯めたいのかを意識して、

積極的に貯めることが大事になってきます。

 

そのために家計に無理のない貯蓄の金額を設定して、

給料が入ったら最初に貯蓄用口座に入れてしまい、

残りのお金で日常生活をする先取り貯蓄をするなど、

貯まる仕組みを事前につくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。