保険相談コラム~将来に備えて

20代で加入する自動車保険料を少しでも安くするお得な方法

こんにちは。

20代のうちは自動車保険の保険料は高くなりがちです。

 

自動車の購入は人生の中でも高額な買い物の1つですが、

給料もまだ多くなく金銭的に余裕もあまりないことも多く、

保険料くらいは多少でもいいから安くしたいものです。

 

工夫の仕方次第で現状よりもいくらかは

自動車の保険料を安くすることも可能です。

 

そこで今回は、20代の自動車保険料が高くなってしまう理由と

できるだけ安くする方法をご紹介します。

 

前回のコラムの保険の内容では、みんなの生命保険アドバイザーの特徴 も、

とても反響のあったコラムですので、合わせてお楽しみください。

<20代は他の年代より事故率が高い年代だから>

統計的に見ると20代は事故率が比較的高いので

他の年代よりも保険料も高なっています。

 

自動車の保険料は事故率が多い年齢層は高く、

事故率が低い年齢層の保険料は低くなるように設定されています。

<20代は保険の等級が進んでいないから高くなる>

自動車保険料を決める要素で等級制度があります。

等級は1等級から20等級まであり、

等級が高ければ高いほど保険料の割引率も上がります。

 

新規契約時は6等級から始まり、

1年間保険を使う事故がなければ

翌年度に1等級上がり、

逆に保険を使うと事故の内容により

翌年度から事故ごとに3等級あるいは1等級下がります。

<できるだけ保険料が安い車にする>

どの車を購入するか迷っているのであれば

候補の車ごとに見積りを作ってみましょう。

 

車両保険をつけると保険料が高額になって

予算を超えてしまうこともあるので、

購入前に比較するのは大事です。

<運転者限定や年齢条件の範囲を厳しく設定する>

運転者限定や年齢条件を厳しくすることで

保険料を安くできます。

運転者限定は記名被保険者を中心とした

補償される人の範囲で、

本人限定や本人と配偶者限定もあります。

 

ご自身のみの運転だけであれば

本人限定などの厳しく絞り込んだ条件に設定して、

保険料を安くすることが可能です。

 

また、補償される年齢を限定することでも

安くすることができます。

<月払いではなく年払いに設定する>

まとめて支払う余裕があれば

月払いの保険料は年払いの保険料よりも、

5%ほど高くなってしまうので

保険料を年払いで支払うようにしてみましょう。

 

ただし、契約の途中で解約する予定があるなら

月払いのままの方がお得な場合も多いです。

<保険会社の割引制度を上手に活用する>

保険会社によっていろんな割引制度が用意されています。

それを活用すれば保険料を安くすることができるかもしれません。

 

保険会社によって割引や割引率・割引額が違うので、

いくつか保険会社を比較してみましょう。

<契約している保険会社の見直しを検討する>

自動車保険は同じ条件でも

保険会社によって保険料が違います。

 

保険代理店を介して契約する

代理店型自動車保険に契約している方は、

インターネットで契約するダイレクト型自動車保険に変えるだけで

保険料を安くできる可能性があります。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。