転職コラム

面接を突破するための4つのコツ 通過率を向上させる方法

こんにちは。

ビジネスキャリアアップのコラムを

運営している、ヒカルです。

今日のテーマは面接を突破するためには

コツについてです。

 

コツをつかむことによって選考をスムーズに進められます。

面接を突破するためには事前準備が大事で、

しっかりと対策をとっておく必要があります。

 

事前準備がどの程度できているかによって

面接の結果に影響するので、

しっかりと準備や対策をしておかなければなりません。

 

そこで今回は面接のコツについてご紹介しますので、

ぜひ参考にしていただいて面接に備えましょう。

 

前回のコラムのポジウィルキャリアの特徴のコラムも、

転職関係と関連あるコンテンツですので

必ずチェックをしておきましょう。

<清潔感や誠実さは身だしなみで印象付ける>

第一印象とは面接官に与える最初の印象であり、

ここでマイナスがあると本題に入る前から評価が低く、

いきなり他のライバルと差がついてしまいます。

 

髪型や身なりをきれいに整えて面接に臨むのは、

社会人として当然のマナーとなっています。

 

面接官に第一印象で好印象を持たれるように、

その場面に合った身だしなみを心がけてください。

<しっかりとマナーを守って礼儀正しくする>

面接の時は入室の瞬間から始まっていますので、

最初に礼儀正しくできるかどうかが大事です。

 

入室する時のマナーはノックからあいさつ、

椅子の座り方など色々なものがあります。

 

しっかりマナーを守って礼儀正しくすることで、

誠実さなどの好印象を与えやすくなります。

 

面接の最初がマイナスの印象で始まると

面接中に挽回するのはなかなか難しいので、

最初の段階でいかに好印象が与えることができるかが

面接を突破するための重要なポイントです。

<大きな声でハキハキとわかりやすく丁寧に話す>

就活生の中には面接官の目を見て話そうとすると、

緊張してしまって視線が泳いでしまう方もいます。

 

面接中に視線が定まらないまま話していると、

この人はコミュニケーションを取るのが苦手なのかな?

と面接官にマイナスな印象を持たれる可能性があります。

 

面接の時に緊張してしまってつい目が泳いでしまう人は、

面接官のみる部分を少し変えるようにしてみましょう。

<具体例を用いて質問に回答するとよい>

面接の時の最後のコツは入社後にどんなことで

会社に貢献したいかをしっかりアピールすることです。

 

そのためにまずは事前準備の段階で

自分が志望している会社がどんな方向に

向かっているのかを予め把握しておくことが大事です。

 

面接を受けている企業のことを理解したうえで、

自分がその会社に対して貢献してみたいことを

アピールできれば面接官の評価が上がる可能性があります。

 

今すぐにできなくてもいいので

企業研究を行っていくうえで、

自分がその企業に貢献したい熱意を

伝えられればライバルに差をつけられるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。