資産形成&老後対策

老後対策で必要な資格は?再就職に有利な資格は!?

こんにちは。

今日は、老後対策のコラムです。

先日の保険相談ニアエルの特徴やメリットのコラムも、

とても反響がありましたので、

合わせて、お楽しみください。

 

定年を迎え年金生活に入ると、

不安になる方も少なくないと思います。

それまで十分な貯金があれば良いのですが、

そうではない方は、

少しでもお金の流れを改善すべく、

出来るだけ長く働くことも検討しましょう。

再就職を考える際、

資格を取っておくと転職がよりスムーズになります。

基本的には、

前職のキャリアに関わりのある

資格の方が取りやすいでしょう。

今回は、

再就職におすすめの資格をまとめてみました。

<国家資格の中で難易度の低い調理師免許>

 

調理師免許は定年後、

独立してカフェ等を開業したい方は

取得しておくといい資格です。

国家資格の中では難易度は低いものの、

飲食店・飲食施設などで2年以上の

調理業務の経験が受験に必須です。

厚生労働大臣認可の調理師養成施設を

卒業することで免許を取得する方法もありますが、

時間も費用もかかるため、

シニア世代には不向きと思われます。

調理師は、

名称独占資格のため、

調理師免許がなければ、

調理師の名称を用いることはできません。

試験に合格した後に、

調理師として都道府県知事に

免許の申請が必要となります。

<公的資格の簿記資格>

簿記資格は公的資格ですが、

現在4つの団体が検定を開催しています。

・日本商工会議所 (日商簿記)

・全国経理教育協会 (全経簿記)

・全国商業高等学校協会 (全商簿記)

・日本ビジネス技能検定協会(日ビ簿記)

 

この4団体のうち、

知名度の点でも信頼度の点でもおすすめは日商簿記です。

<さまざまある介護関連資格>

国家資格から民間資格まで多く存在し、

未経験でも取得できる難易度の低い資格から、

実務経験を積んでからでないと

取得できない資格もあります。

介護関連の資格の特徴は、

将来を見据えて実務経験を積みながら、

上位の資格に挑戦していけることです。

<電気設備の工事に必要な電気工事士>

 

電気工事士は、

電気工事士法により定められている国家資格です。

ビルやマンション、工場等、建物内の

電気設備を工事するのに必要な資格です。

室内の電気設備の取り付けや配線など、

電気設備の工事ができるのは、

電気工事士の資格を持っている者だけです。

電気工事士には、

「第一種」と「第二種」の2つがあります。

「第二種」を取得すると、

一般住宅や小規模店舗等の電気設備の工事ができます。

「第一種」を取得すると、

工場、ビルなどの大規模な建物での

電気工事もできるようになります。

<プロとして活躍できるマンション管理士>

マンション管理士資格は国家資格です。

マンション管理のスペシャリストとして

マンション管理組合の運営のほか、

マンションの維持・管理に関して、

管理組合の管理者等やマンションの

区分所有者からの相談に応じたり、

指導、援助等のコンサルティング業務を行います。

法律の知識や専門知識を得た

マンション管理のプロとして活躍できます。

シニア世代の求人の状況は少しずつですが変化していて、

最近ではだいぶ選択肢も広がってきています。

時間も費用も無駄にすることなく、

賢く資格取得を行なってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。