ビジネスコラム

先延ばしにするのをやめる5つのメリット!

こんにちは!

現代の多くの労働者と同様に

物事を先延ばしにする癖がある。

送りたくない電子メールやしたくない

電話やしたくない会話床の掃除など

がそれに当たるが自分を奮い立たせて

実行に移す事の方が多い。

それは大抵、私が本当にどうしても

やりたくない一つのことを避けるためだ。

起きたときや準備をしている間あるいは

それを実行に移すのを避けるために

やることリストの他の全ての項目を

完了していく間に不安を感じるような項目。

この癖は注意しなければ雪玉式に

大きくなり過剰な先延ばしに

繋がる可能性があります。

ここでは必要なことを先延ばしに

するのをやめて今日終わらせるための

5つの方法をご紹介していきます。

 

1.とりあえず手を付ける!

それは、新たに習慣にしたいことを

2分間行うことだ。

そうすれば、達成したい大きな目標も

非常にシンプルなものになる。

 

2.完璧さを追い求めるのをやめる!

完璧さを追い求めると物事を

終えられない事。

そのため、完璧さに囚われず終わるまで

取り組み続けることが大事だ。

 

 

3.自分に対する慈悲の心を持つ!

自分自身に休憩を与え自らの欠点を

受け入れることは健康増進の最初の

一歩であるだけでなく規律性の向上と

それによる生産性改善の効果を持つ事が

研究から示唆されている。

 

4.誘惑を制御する!

重要性が低い作業やソーシャルメディアなど

]により難しくてやる気が起きないが

やらなければならない作業に集中出来ないと

感じたらこうした要因を制御しよう。

携帯電話を見てしまうようであれば

電源を消して片付けておこう。

重要性が低いことを優先し続けているようで

あれば仕事の場合は同僚に任せ

プライベートの場合はパートナーや

友人に任せたり有料で人に頼んだりする。

最も緊急のものに集中し優先順位が

高い事を最初に完了する習慣を

身に付けたら重要性が低いものに

再び取り組みその日の後の方で終えればよい。

 

5.自分にご褒美を与える!

必要がないのにしたい事を

したりしない事。

集中をそがれないようにし優先事項を

完了するまで集中力を保つよう

自分にやる気を与えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。