不動産投資コラム

不動産投資で収益を出す格安の投資物件を簡単に見つける裏技

現在、サラリーマンによる不動産投資が流行っていますね。

でも物件を探すと言ってもどうやって

情報を集めれば良いのか分からない、

どのサイトが良いのか分からないなどの悩みを抱えている方も多いと思います。

 

今回は「相場より格安の投資物件」を簡単に

見つけ出す方法について見ていきたいと思います。

 

不動産投資も大切ですが、そのうえで保険を

学ぶ事も大切ですね。ゼクシィ保険ショップのコラムも

まだご覧になっていない方は必ずチェックされてくださいね。

〈不動産投資で良い物件とはどういう物件か〉

 

まず、良い物件とは「相場よりも安い物件」のことを

指すことが多いようです。

安く手に出来れば、その後の戦略を含めて

上手く考えていくことができますね。

 

安く売る、ということは何かしら理由があって安く売られています。

例えば差し押さえ物件や競売になってしまっている物件です。

また、相続物件なども挙げられます。

 

売却の理由に「相続」という言葉が出でくると、

安く売られていることが多いです。物件に対して借金がなかったり、

不動産を巡ってのトラブルを防ぐために、

売却を早く終わらせたいと考えるケースがあるからです。

 

〈自分に合った買い方のポイントは?〉

 

不動産投資は銀行からお金を借りて成り立ちます。

なので、まずどこの銀行で融資を受けられるのか、

またその銀行が融資をしてくれる物件を見つけることが大切です。

 

自分に合った買い方とは、「年収」が大きく関わってきます。

年収や預貯金に見合った価格帯で金融機関にジャッジされます。

そんな時は不動産会社に相談に行きましょう。

なんだかんだで不動産会社は不動産投資のプロなのです。

的確なアドバイスをもらうのが良いかもしれないですね。

 

〈不動産投資で良い物件を探す具体的な方法は?〉

 

まず1つ目は、不動産会社に訪問し、

収益物件を紹介してもらうという方法です。

 

答えは先ほども言いましたが不動産会社が

不動産投資のプロだからです。もちろん良い業者に

限りますが。それはネットやリアルの

口コミ・評判をしっかりと確認をしましょう。

 

セミナーや個別相談会などが開かれているので、

参加してみるのも良いでしょう。

 

不動産会社はお店に訪問した顧客に

収益物件を売ることができれば、

手数料の3%分を貰うことができます。

数百万円の手数料を貰えることも!

ですので、不動産会社は喜んで紹介してくれます。

 

2つ目はインターネットで検索する方法です。

まずはどんな物件があるのか相場を見るのも大切です。

たくさんのサイトから、

知識やネットワークを広げていくと勉強にもなります。

〈「物件概要書」とは?〉

セミナーやインターネットで収益物件の

情報に触れると見ることができます。

概要書には、物件について、立地する土地に

関するさまざまな事が記してあります。

 

なので、その物件についておおまかに知ることが出来るので、

購入すべきかを判断する材料とするためにも

様々な概要書に目を通しておくのをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。