エンジニア向けコラム

システムエンジニアに英語力は必要か?勉強法に関して

システムエンジニアにとって、英語力は必要か?

好条件の企業に就職したり、高報酬を得るためには、

英語力は必要と言えます。

実際の実務に日々必要でなくとも英語力があると、

選考の際、大きなポイントになります。

英語力の必要性、メリットをご紹介します。

最後に勉強法もお伝えします。

前回のコラムのfurienの特徴

まだご覧になっていない方は合わせてチェックをされてくださいね。

<エンジニアの英語力の必要性>

会社で高いポジションを得られる

システム言語は世界共通、社員に外国人がいる事、

海外支社があることなど大企業でなくともそのようなケースがあり得ます。

その時システムエンジニアとしてのスキルだけ高くても、

社員とコミュニケーションが取れないと会社としても

マネージメントできないと判断されます。英語力があれば、

社員の国籍を問わず管理監督ができるようになり、会社としても好待遇、

幹部候補として迎えられることもできます。英語力があれば、

他の社員との差別化が図れ、高収入が期待できます。

<エンジニアで英語力があるメリット>

社内の公用語が英語である場合

近年グローバル化の波もあり、システムエンジニアリングの会社も日本だけでなく、

海外拠点のサポートなどもする必要があります。

そうなると現地の社員と英語でやり取りするケースも想定されます。

また顧客も日本だけでなく、海外支社もあります。

日本と海外の連動した案件も増えており、英語が話せると、

海外の対応ができるようになります。

システムエンジニアの仕事を海外に外注しているケースなど、

英語が話せなければ仕事にならないケースもあります。

最新の情報を入手することができます。

IT技術やプログラミング言語は世界共通です。

技術書やIT機器の説明書も英語である場合があり、そのようなときに有益です。

英語力があれば、最新のニュース記事など読めます。

他のシステムエンジニアが得ていない情報も先んじて得られます。

海外で仕事をすること、海外の仕事を請けられるます。

システムエンジニアの仕事は日本だけではありません。

フリーランスであれば、海外の案件も得られます。

例えば平日は日本のシステム会社に勤務、

土日で海外のフリーランス案件を手掛けることも可能です。

外資系に勤務、海外で仕事もできます。

<システムエンジニアの英語の勉強法について>

第一に会話より、文章を読む力を付けましょう。

文献や資料を読むことが多いので、

システムエンジニアが使われる単語を覚え、

文法も最低限中学英語レベルは覚えておく必要があります。

業務的にメールでやり取りすることが多いので、

文章力を身につけましょう。

相手が返してきたメールでこれいい使いまわしだというものをメモしておき、

別の案件などで使ってみることをおすすめします。

英語は見ただけでチンプンカンプンと言わずに、

英語の文献や案件を読み返して理解できるだけでも

あなたのスキルアップには役立ちます。

初めのうちは、翻訳ソフトを使って、

英語と日本語のすり合わせをしていくと、理解力が上がります。

仕事で使う言葉は意外と定型化していますし、

業界用語は覚えれば慣れるので、臆せず頑張ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。