ビジネスコラム

サラリーマンあるある!急な出費で困らないためにお金を学ぼう!

毎月一定のお金が入ってくるサラリーマンは、消費や浪費にお金をかけすぎてはいないでしょうか。
しかし、カツカツの時に限って急な出費で苦しむことがあります。
今回は、サラリーマンの急な出費でよくある例や困らないためにやるべきことについて、解説していきます。
お金の知識を身に着けて計画的に生活していきましょう!

サラリーマンの急な出費でよくある例5選

サラリーマンの急な出費①医療費

突発的な病気により医療費が発生します。保険に入っていれば全額負担ではないものの病気の場合は、食事代や病院によってはベット代がかかることもあるため、ギリギリの生活をしている人であれば、かなり大きな負担です。また、自分だけでなく家族が病気にかかる可能性もあります。

サラリーマンの急な出費②住居の修繕

キッチンやお風呂、トイレなどの水回りの故障や住居の一部が破損するなどのトラブルは急に起こります。住まいによっては保険が適用されますが、自己負担にケースもあり、数万単位の金額になることもあります。

サラリーマンの急な出費③家具や家電の故障

ダイニングテーブルやベットなどの家具や冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などの家電が壊れた場合、修理ではなく新品を買い換えるという方が多いと思います。
家具家電は、数十万円単位になることがあるため、ギリギリで生活してい人や貯金がない場合は、痛手となってしまいます。

サラリーマンの急な出費④車検や家賃の更新料

忘れたころにやってくるのが、車検や家賃などの更新料です。状況によって異なりますが相場だと10万円前後の出費になることが多いため、急な出費で苦しむサラリーマンも多いようです。

サラリーマンの急な出費⑤冠婚葬祭

友人や会社の上司、部下などの結婚式に招待されれば、以下のような費用がかかります。
・ご祝儀
・衣装費用
・交通費
・二次会の参加費
ギリギリで生活しているサラリーマンにとっては、節約したい気持ちもありますが、祝い事の場ではそんなことはいえません。

サラリーマンが急な出費で困らないようにするためにやるべき3つのこと

①万一のときのための余裕を持った貯金

予備費専用の口座を作り、毎月固定の金額を貯金することをおすすめします。余った分を貯金しようと考える方も多いと思いますが、人は使えるお金で生活水準を合わせてしまいがちです。そうならないためにも、事前に固定の金額を予備費専用の口座に貯金しましょう。

②副業で収入を得る

シンプルに支出を増やせば、生活にも余裕をもてるようになります。ただ、副業も計画的に行う必要があります。フリーマーケットアプリで物を売るなどの場合を除き、自分のスキルで副業で稼ごうとしても一定の収入が得られるには少し時間がかかります。急な出費を補う解決策にはならないため、計画的に副業を進めていきましょう。

③いつでもお金を借りられる環境を整えておく

急な出費に対応するために一時的にお金を借りるという解決策もあります。
その中でも様々な手段がありますが、手軽で人気なのはカードローンやクレジットカートのキャッシングサービスです。特にキャッシングよりも金利が低めに設定されていることが多いカードローンがおすすめです。
ただ、審査などがあるため多少の時間はかかります。無料で作れるので、いつでもすぐに借りられるようにカードを作っておきましょう。

まとめ

今回は、サラリーマンの急な出費や困らないための解決策について、解説しました。
事前に急な出費を知っておくことで、どれくらいの貯金が必要なのかや何をしておくべきなのかが分かるようになります。
ゆとりのある生活を送るためにも計画的に考えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。