資産形成&老後対策

お金に働いてもらう手法とは?今後の資産形成は分散型が重要

こんにちは。今日のビジネスキャリアアップでは、

 

お金にも働いてもらうという考え方についての、

 

コラムをお届けしていきます。

 

お金を増やすことは決して簡単ではありませんが、

 

時間を使わずに、

 

お金を稼ぐ手段があることは知っていますか?

 

それはお金に働いてもらう方法です。

 

今回はその内容をご紹介させていただきます。

 

前回のコラムのCrazyマネーセミナーの特徴。株や不動産などの資産形成を学ぶ も、

 

とても反響のあったコラムですので合わせてご覧、お楽しみください。;

 

<資産形成のリスク許容度は年齢やライフプランでも異なる>

 

お金を運用する際は、

 

自分はどこまでリスクをとれるか、

 

その限度の範囲内で金融商品を選ぶことが重要です。

 

リスク許容度は人によって異なります。

 

収入、支出、家族構成、年齢、現在保有する資産や負債、

 

その後のライフプラン、運用期間などに加え、

 

本人の性格でも変わります。

 

 

 

<老後資金準備、資産形成のリスク許容度が変わる時>

 

老後生活が目前に迫ってきたときや、

 

老後生活に入ったときは大きな転換点です。

 

リスクを過度に取り、

 

その後の原資の価値が大幅に下落すれば、

 

将来の生活設計に支障をきたしかねません。

 

定年退職後の収入は公的年金が中心で、

 

働くことによる収入金額は、

 

大幅に減少するかゼロになると考えられます。

 

老後生活に入ってからのリスク許容度は、

 

資産形成期と比較して低下するので、

 

リスク許容度が低下するときには、

 

従来の資産配分を点検し、

 

必要に応じて組み替える必要があります。

 

<資産配分を行うための基礎知識>

資産配分を行う上で知っておきたいことは、

 

資産のリスクとリターンの関係です。

 

リターンを高く見込めるということは、

 

その分損失が発生する可能性も高いということです。

 

一般的に、おもな資産のリスクとリターンは、

 

預貯金→債券→株式の順に大きくなりますが、

 

外貨建ての金融商品では為替変動のリスクが加わり、

 

円高局面で損失を被るケースも出てきます。

 

分散投資はその手法の一つで、

 

リスクを減らすことも大きなポイントになります。

 

<通貨の分散とは?>

 

日本円だけでなく、

 

米ドルやユーロなどのように、

 

複数の通貨を保有することにより、

 

為替差損のリスクを減らせます。

 

<投資対象の分散とは?>

 

国内株式、外国株式、国内債券、

 

外国債券などのように、

 

複数の投資対象に分散することです。

 

値動きの異なる複数の資産を保有して、

 

リスクを減らすことができます。

 

<投資時期の分散とは?>

 

投資信託などリスクが高い金融商品を、

 

定期的に定額で購入する方法です。

 

1口当たりの価格が低い場合は、

 

購入する口数が多くなる一方、

 

1口当たりの価格が高い場合は、

 

購入する口数が少なくなります。

 

これにより、

 

高値で購入するリスクを減らし、

 

損失を出すリスクを減らすことができます。

 

しかし、

 

これらの方法を取ったからといって、

 

投資収益が確実にプラスになる保証はないので、

 

あくまでリスクを減らす手法として、

 

活用する点に留意してください。

 

資産形成は、

 

現在の状況をしっかりと把握し、

 

適切に資産を形成し管理することが大事です。

 

ライフステージの変化や、

 

資産形成のゴールが近くなるにつれて、

 

リスク許容度を確認しながら、

 

資産配分についても見直しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。