未分類

結婚までに貯めておきたい貯金額は具体的にいくら!?

こんにちは。

いつも、ビジネスキャリアアップをご覧いただき、

ありがとうござます。

前回のコラムでは、

結婚相談所Kizunaの特徴、会員満足度が95%と評判は高い!を、

お届け致しました。

こちらも、非常に反響がった、コラムですので、

合わせて、ご覧頂ければと思います。

そもそも、結婚指輪や結婚式、新生活の準備など、

結婚するにあたっては何かとお金がかかるものです。

結婚したい相手がいても、

貯金額に自信がなくプロポーズに踏み出せない

という男性もいると思います。

そこで今回は、

結婚までに貯めておきたい、

貯金額などについてご紹介します。

<結婚前に貯金しておきたい金額は?>

プロポーズ前後の時期には、

婚約指輪の購入や親族の顔合わせ、

結納、結婚式や結婚指輪の購入など、

多くのお金がかかるため、

最低限の貯金はしておきたいものです。

具体的には、

2人合わせて200万円から300万円程度の貯金があるると、

結婚式の費用をまかなえるので安心です。

新婚旅行を考えている場合は、

400万円程度の貯金を目指しておくと、

余裕のあるプロポーズできるのではないでしょうか。

<貯金がないからプロポーズできない訳ではない!?>

プロポーズ後は何かとお金がかかりますが、

すべてが同時に進行するわけではないので、

支払いのタイミングが重なることは少ないです。

例えば結婚式や新婚旅行、引っ越しなどは、

貯金が十分になくてもタイミングをずらせば、

しっかり支払える可能性が高まります。

また、

結婚式を行う場合は、

ご祝儀や両親・親戚から援助があることも多いです。

以上のことを踏まえると、

貯金がないからプロポーズができない訳ではありません。

もちろん貯金があったほうがいいですが、

タイミングなどを考えプロポーズ後から貯金を始めても、

結婚式を挙げたり新婚旅行に行くのも十分可能です。

特に年齢が若い方は給料がまだ高くないことも多く、

なかなか貯金まで手が回らないことも考えられます。

<プロポーズ後に目標貯蓄額などを話し合う>

そうした場合は、

プロポーズ後目標額を話し合い、

結婚資金を貯金するのもおすすめです。

プロポーズ前に貯金をしておくと安心

結婚には多くのお金かかるため、

プロポーズ前から貯金をしておくと安心です。

就職したばかりで、

貯金が難しいという場合なども考えられますが、

貯金がないとプロポーズできないわけではありません。

結婚費用として貯金があった方がいいですが、

支払いのタイミングをずらす、

自己負担分をなるべく減らすなど、

貯金が少なくても結婚する方法はあります。

これから先の生活を見据え、

プロポーズ後から2人で結婚用貯金を始めるなど、

お互いに協力していくことが大切です。

<結婚と、貯蓄額に関してのオススメ動画です>

youtubeの板垣智啓【婚活応援TV】さんの動画で、

結婚に必要な貯金額とは一体どのくらいなのか?【結婚指輪・結婚式・新婚旅行・新居費用】

を御紹介致します。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。