転職コラム

新型コロナウイルスの影響を受け2020年の転職市場

こんにちは。今日のビジネスキャリアアップでは、

コロナショックの影響を受けた、2020年の転職市場の

状況について、コラムをお届けをしていきます。

 

新型コロナウイルスが日常生活に大きく影響し、

転職しよう、転職活動を始めよう

と考えていた方々も急な変化で

不安を感じていることでしょう。

今、

転職を取り巻く状況が

どのように変わっているのかお伝えします。

また、

外出自粛などで

自宅で過ごす時間が増える今だからこそ、

転職の準備をていねいに行えます。

腰を据えて取り組める転職の準備として、

自分とキャリアを

見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

<市況に敏感な外資系コンサルティングファームの採用が減少>

不況の気配にもっとも敏感な

外資系コンサルティングファームにおいて、

採用数を絞る傾向になっているようです。

コンサルティングファームの依頼主となる大手日系企業は

3月を期末に設定していることが多く、

その時点で契約更新・保留を決断する企業が多いですが、

そこで保留となった案件が多いようです。

実際、SNSでアベイラブルが増えていると

話題になっています。

これがクライアント企業の期末に合わせた

単なる有休休暇ならよいのですが、

ここ数年は、

コンサルティングの案件が増えていたこともあり、

周辺では、

休みを取りたくても取れないという

悲鳴のほうが多数聞かれていました。

そのため、

アベイラブルの増加は余剰人員が社内に増えたと思います。

外資系コンサルティングファームでは、

この数年、

数百人単位の大規模な新卒採用が行われてきましたが、

2020年の採用数を増やしてしまうと、

アベイラブルな人材が増えてしまうため、

採用の減少が予想されています。

<大企業の未経験、ポテンシャル求人が減少する可能性!>

コンサルティングファームへ

支払われる予算が削られたということは、

大手企業が緊縮財政に入ったと予想します。

いつ新型コロナウイルス感染症が

沈静化するか見えないこの状況で、

出費を減らすのは合理的な判断でしょう。

緊縮財政中の企業は、

採用人数も絞る傾向にあります。

おそらく企業は、

即戦力の人材の採用は続けますが、

業界未経験者へのポテンシャル採用は、

激減すると予想したほうがよいでしょう。

転職エージェントとして勤める社員は、

転職活動を急ピッチで支援しています。

おそらく今が最後に

未経験者を転職先へねじこめる時期で、

これを過ぎてしまったら、

スキルのない中途や、

部署の異なる転職は難易度がかなり高くなる

とあせりを見せています。

私自身も、

会社員として働いた経歴があるため

いくつか転職エージェントと

つながりが残っていますが、

ここ数年ほど音信不通だったエージェントから

急に複数連絡が来ています。

転職エージェントは、

転職を支援して手数料を貰うビジネスですから、

今ノルマを達成しないと売上が立たないのでしょう。

<転職するならラストチャンスだが困難な道!>

最近、

新型コロナウイルスに対する自社の反応に失望し、

転職したいという方が増えました。

・高齢者の家族のためリモートワークをしたいと相談したが、
高齢者の家族をどこかへ引っ越しさせろと言われた

・幹部社員だけリモートワークで、
現場社員だけなぜか出社させられる

・4月にも入って、未だに飲み会をやっている

確かに失望させられるであろう理由であり、

転職したい気持ちは理解できます。

しかし、

転職の間口はどんどん狭まっています。

転職で飛び込むならラストチャンスですが、

転職後に険しい道を進む覚悟も必要となってきます。

不況では社内稟議が厳しくなり、

大規模プロジェクトが、

小さなテストプランにとどまったり、

すでにある案件の継続だけになったりで、

転職者のスキルを積めるチャンスが減ってしまいます。

転職者は最初の数年でスキルを積めなければ、

キャリアで苦労しやすくなります。

私のまわりでも、

外資系コンサルティングファームへ

転職する方はいらっしゃいますが、

いずれも過去に同業界の経歴があるなど歴戦の方ばかり。

<転職するならできるだけ早めの行動を!>

現時点では、

未経験業界・職種への転職はおすすめしづらい状況です。

もし転職を検討されるのでしたら、

できるだけ早く動き、

同業界や同じ職種での転職にとどまるのがおすすめです。

企業がコンサバに動くときは、

我々もコンサバにキャリア形成すべきです。

リーマン・ショック期に、

コンサルティングファームに勤めていた方は、

あのときの傷痕がなければ、

自分もまさか採用がなくなったり、

レイオフがあるかもしれないなんて

警戒できなかっただろうと言っています。

確かに、私が新卒のとき、

コンサルティングファームの新卒採用人数は、

企業によって10名前後まで絞られたこともありました。

この数年は、

転職市場は好景気が続いていましたので、

みなさんもまさかと感じられるかもしれません。

ですが、

警戒しておいて損をすることはありません。

自分のキャリアを守り育てるために、

最大限の対策を取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。